CRAFTMAN SHIP クラフトマンシップ

ハイジュエリーを手掛けてきたイサロイの職人。
ヘラ仕上げは長年受け継がれてきた手仕事の一つでした。
完成間近のジュエリーに施す最後の仕上げであり、
金属が引きしまり、鍛錬された光沢が生まれます。

この伝統技術を応用し、生まれたのがブライダルのヘラ磨きです。
身に付ける人に愛されるリングでありたいと丹精込めて磨き上げる。
熟練した職人だからこそ、紋様のような美しさを生み出します。
それは静かな水面の様な揺らぎと輝き。
受け継がれる伝統技術の証しです。

  1. 1 光沢

    直径約5mmの細いヘラを、全身の力を込めてリングの表面に押し当てていく。
    リングは美しい光沢を帯び、その表面に波打つヘラの軌跡に、
    同じものは二つとありません。

  2. 2 強度

    磨かれた表面は、表面硬化によって地金そのものが強固になるという
    特性を持っています。
    一生身につけるものだからこそ、その耐久性と強度も重要なのです。

「イサロイ」ならではの職人仕上げ匠の手で一つひとつ丁寧に施しています。

Promise 百年基準のおもいやり

長い歴史の中で職人達が守り続けるもの。新たな技術と融合し、さらなる磨きをかけてぬくもり伝える手仕事と着け心地。
お客様一人ひとりの心に寄り添い、愛されるリングでありたいと願うから。京都の職人の技と心意気でつくりあげています。
「本物の輝きと、最高の着け心地を。」
私たちが「イサロイ」に込める想いです。